10/29

グラウンドの湿り具合は、この天気ではまだ十分とは言えない・・
なので、今回は体育館活動っちゅーことにしました

中学生が一人、一緒にプレー・練習してくれました
ありがとね、また一緒にやろうぜ

隣ではバスケさんの中学生も頑張ってる
きっと各チームのトッププレーヤーなんだろうな~って感じです

こちらはFootballなので競技は違うけど、きっとお互いに何かエナジー感じてるゾ

 

途中だけど、今日のログはこの辺にしておこう。

10/28

今年度の公式戦を終えた小学生さんと中学生さん
次年度の準備が始まってますね

スクールに参加してくださっている5年生君たちは神経系を発達させつつ、思考も成長するし、身体差も幅が広がってきます

でも安心してください、人は必ず大人になります
身体の成長が早い遅いで大人になる時期が違う訳ではありません

というわけで、Footballをエンジョイしましょ。

10/26

リーグ戦 最終節

選手のみんな、お疲れさま

積み上げてきている事の成果が見れたよ

セいドはンぱネー

フワッと走れるし

ワンタッチ出てきたし

ディフェンスの守備違いも理解してくれてる

出来の良い選手たち

「こうすればもっと面白くなるんじゃない?
というようなアドバイスにも、スッと対応してくれ
考えていたよりももっと面白くしてくれる

見ていて楽しい試合で、次が楽しみなチームだ
ありがとう、みんな

10/24

黙々と静かに。

静かにしなさい!なんて言ったことはありません
現場ではNESのBGMだけが悲しい感じで流れてます

声を出しなさい! 言いません
考えながらプレーしてる証拠です

もっと判断を早く! 言いません
たくさんあるうちからどれを選択しようか考えてるんです

大人のお仕事もそうです
急かしても良い商品ができなかったり
急かした結果、ケガなどの事故を起こしてしまったり

それならば、選手自身が悩み・考えた上で判断したことに対して
よくやったぞ って声を掛けたい

そとから・ベンチから・チームテントから観ていると、ピッチ全体が見渡せるもんだから
こうすればよかった
ああすればよかった
こうしろ・ああしろ思ってしまうし、言ってしまう

DoとThinkは選手のもの
PlanとSeeはみんなでシェア

Plan→Do→See→Think⏎

ぎじゅつ

受ける側にも技術が必要 P2

前回はGKでしたが今回はFP版

受け側には数パターンある(自身の経験上

それはまず、出し手の状況によって変わってくる

次に出し手のもうひとつ前の状況によって変わる

周囲にいる仲間の準備進捗によっても変わってきます

とにもかくにも、現代は情報を持ってる人が有利になる←Footballに限らず

良い情報を持っていたとしても、その情報の使い方が分からない場合もある

顔を上げろ・首を振れ 試合会場ではいろんな表現がされてるけど

その動作で、どんな情報を仕入れなくちゃいけないのか

その部分までお伝えしましょう。

10/15

テスト期間
それは孤独な練習日
いや、普段から孤独な戦士たちが更に自分を追い込む時間

そんなことはございません

GK君のキックも今年中に1万本を目指して取り組んでます
普段はボール3球で回しているんですが、今回は走る選手目がけてのキック

どのタイミングで
どの角度で
どんな強さが受けやすいのかを検証しながら200くらい蹴り込みました

ウチの選手は全員、まだまだ完成品ではありません
ウチで高校年代で必要となる基礎を十分に獲得していただいて
次の年代へ贈らせていただきます

試合の結果も大切ですが、1戦1戦検証しながら選手育成させていただいてます
心技体がバランスよく成長し、高2高3で評価していただける選手の育成です