1/28 インドア交流戦

毎度ありがとうございます

大雪のため参加選手は少なかったですが、インドア戦は参戦できました

勝山中部中さん、勝山南部中さん、開成中さん、フェンテ奥越さん、福井ユナイテッドU-15さん、ありがとうございました

縦へ攻撃が早く、対応しきれない場面が多かったですが、それも経験でしょう

得点・失点、勝ち・負けはありましたけど、弊チームが体験・経験してきたことを、会場にいるみなさんに披露しきれなかったかもしれません!

これからも技術と駆け引きを武器に、地道な活動で少しずつ仲間を増やしていこうと思います

!注意!

やりすぎ注意
その昔、多田はそうでした
「部活の無い日、何して良いかわからん」

年末年始
年末 大晦日ギリギリまでの活動
年始 正月早々の活動
そんなチーム、多くないですか?

年間150日以上の活動、多くないですか?
経済的な支援と送り迎えの支援、多くないですか?

やったらやっただけ結果がついてくるという概念
そろそろ卒業しませんか?

大人は仕事を効率化して、なおかつ収入を増やそうとしてます
効率化すると、自分の時間が増えるという思考です

かたや
スポーツに関しては、活動日と活動時間を増やして結果を追い求め
結果の弊害として選手の故障多発

みなさん
やりすぎ注意

眺め

12/23から12/26まで、千葉県房総半島で行われたフェスに参戦してきました。関係者の皆さん、ありがとうございました。

さて、その帰り道に一望できるのは富士山です

一望できる範囲には千葉県をはじめ、東京都・神奈川県・静岡県

そこにはたぶん数えきれないくらいのチームがあると思います

北陸の福井県、県内で勝った負けたで一喜一憂するのが果たして大切なことなのか?と考えさせられます。たぶん弊クラブ所属選手も同じ気持ちかもしれません

世の中には数えきれないほどのチームと、それと同じくらいのプレースタイルがあるわけで、遠征のたびにそれを再確認して、僕らのスタイルを確立する作業に注力してます

中学の3年間が終われば、共に戦う選手は必ず変わり、指導者も変わることでしょう

ジュニアユースのチームスタイルもそれはそれで大切ですが、選手は必ず成長し、次の年代へ進むと思うので、次のチーム、またその次のチームでも主力選手として力を発揮できるよう、選手に関わる大人は先々を見通しながら選手に接する必要があります

そんなことを思いながらマイクロバスを運転してました

まだまだ集団行動から抜け出せずにいますが、選手それぞれが自律して、自分自身の力で歩んで行けるよう、サポートし続けたいと思います

勝ちのあるチームから、価値のあるチームへ!2023も、やったるでぇ〜!