11/21

メニュー熟して当たり前

100段あるうち、メニューを熟して10段と設定してたら

残りの90段はどうやって登るの?

どんなにボールを扱うのがうまくても、試合に生かせなかったら?

それはボールを扱えないという事

強い強いといわれても、試合に勝てなかったら、強くないという事

そんな不思議なお話をしました

11/16

育成年代のチームが育成しなかったら、育成でもなんでもない

日本人は姿勢が大切
勉強する姿勢とか取り組む姿勢とか、とかく姿勢にまつわる言葉が多いですね

ストレッチポールを使って、背骨周りの筋肉をほぐし・ゆるめて、力まないよう、しなやかに

ウチのプラクティス内容を、隣のバスケット君たちも実践してました
たぶん「サッカーの練習なのに、変な事やってるなぁ」と思ったんでしょうね(汗

戦術やパターンの反復練習をするチーム・スクールは数あれど、ウチみたいなプラクティスするところは、県内では、ほぼほぼ見掛けません

Footballとかけ離れた事をやってるように思われますが、これが一番近道だったりします

過度な負荷なんて必要ない

必要なのは自分自身の身体のメンテナンスが自分でできること
ケガなどの負傷なく、1日30分でも集中して積み重ねることができること
ベンチで座ったままケガ見学する時間が勿体ないので、まずケガし難い身体を創ること

登録選手数が少ないため、試行錯誤した結果、そこに行きつきました

これが一番の近道だ。

11/12

<<画像なし>>5+1の活動

毎回クローズドの時は黙々と自分自身のために時間を使い続けてます

打って変わって今回はオープンの前にとある動画をお見せし、こうお伝えしてみる
「可能な限りゆーっくりとプレーすることによって、なんじゃありゃ!?ってなる」
「必要最低限のスピードでプレーしようぜ」

中1が中3になり、やがて高3にもなると
スピードも出るし、当たりも負けなくなるし、力もついてくる
そんなもんはいつもで出せるもんだから、誰にでもできるような事はすんなよ?

11/02

U-13県大会1次リーグに参戦中

兄弟分の惜陰進徳FCから、選手はグラスミーゴと中体連サッカー部や他クラブを選択できます
小6で一緒にプレーした仲間が、今大会てまた同じピッチに立ってます

差し詰め【惜陰・進徳フットボールクラブ7年生】という感じです

約半年、毛並みの違う所で活動した仲間同士、良い刺激・良いスパイスになって、これからのプレーに変化が見られると良いかな?って感じました

大会はまだ終わってません
とりあえず11月3日も2試合
どんな展開があるか、楽しみにしてます!

10/31

IMG_1275ま~元気なみなさん
ちょっとが遠く山越えをして来てくれてる、今回は5人の小僧さんたち

練習中に感が良さそうだったのでゲーム形式で様子を観てみたところ・・
頑張りすぎて空回りしてました
全力で脱力できるように、働き掛けようとしましたが
普段の活動で得てしまったものがドドーン!と出てきてました
まぁまぁ落ち着いて(汗
ボールも相手も、思ってるほど早くは動いてないよ

今週3回(月・火・木)も来てくれた別チームの選手
ウズウズしてたんでしょうね~
2年ほど前を思い出して工夫してくださいませ

この時期は毎年テストの多い期間で、学校がそれぞれ違うから試験日もバラバラ
それでもウチの個たちは自分に課したものを攻略しようと、毎回真剣に取り組んでくれてます
一言で言うと、真面目。